秋川のまんが日記・2008年2月

2/23 (Sat)

「もやしもん」6 (石川雅之/イブニングKC,講談社,2008)
今回はフランス編ということで、ワインの話がメイン。やっぱりワインというのはよくわからんものだなあ。ストーリー的には、しばらく引っ張っていた遥の婚約者ネタに一区切りついて、さてこれからどう展開するか。

2/20 (Wed)

「カウンタック」11 (梅澤春人/ヤングジャンプコミックス,集英社,2008)
夜のドライブでちょっとしたマシントラブルに見舞われるという、幕間的な話が印象的。派手なバトルもいいけれど、こういう何気ない話もいいなあ。もともと、子供の頃憧れたカウンタックを手に入れるという、夢のような話であるところが魅力なわけなので、夢を手に入れた日常の描写ももう少し見てみたい気がする。

2/11 (Mon)

「のの美捜査中!」5 (重野なおき/ジェッツコミックス,白泉社,2008)
これにて完結。うーん、じわじわと楽しさが増してきてたところだったので残念だ。作風が変化したのか、こちらがキャラクターなんかに慣れてきたせいかはよくわからないけど。また1巻から読み返してみるかな。

2/7 (Thu)

「アイシールド21」28 (村田雄介+稲垣理一郎/ジャンプコミックス,集英社,2008)
この巻では、蛭魔らがアメフトを始めたきっかけが語られる。少しずつ風呂敷を畳みにかかっているってことかな。若干作りすぎな流れに見えなくもないけど、やはり原作と作画が別だと物語の大きな展開を意図的にコントロールしやすいんだろうな。
「アオイホノオ」1 (島本和彦/ヤングサンデーコミックス,小学館,2008)
島本和彦の分身たる焔燃の学生時代を描く、半自伝的作品。矢野健太郎やら庵野秀明やらが出てきたりして、実録ものとしても興味深いけど、まあ基本的にはフィクションと受け取って読むのが正しいんだろうなあ。些細な事ですぐに増長したり打ちひしがれたりと浮き沈みの激しい主人公がいかにも島本作品的で楽しい。

2/3 (Sun)

「僕の小規模な失敗」(福満しげゆき/青林工藝舎,2005)
「僕の小規模な生活」が面白かったので、その前の話、作者の高校時代から結婚までにあたるこれを。将来への不安に怯え、同年代の人間に感じる劣等感に押しつぶされ、ひたすら鬱々とする作者が実に痛々しい。なのに読んでいるこちらは嫌な気分にならず、むしろ面白くてぐいぐい読んでしまうのは一体何故なんだろう?徹底した主観と一人称の漫画にも関わらず、あくまでも淡々としたその語り口ゆえか?それとも親近感を覚える物語なせいか。

トップ > まんが日記 > 2008年2月