秋川のまんが日記・2007年11月

11/30 (Fri)

「トーキョー博物誌」1 (日高トモキチ/ガンボコミックス,デジマ,2007)
東京で見られる野生動物を紹介していく漫画。結構いろいろいるもんなのね。地味になりそうな題材なのに、薀蓄あり体験談あり、語り口が軽妙でとても楽しく読めた。東京に住んでいる人だと一層楽しめるんだろうなあ。
「庭先案内」3 (須藤真澄/ビームコミックス,エンターブレイン,2007)
久々のファンタジー短編集、と思っていたら早くも第3巻か。初期の短編にはもう少し緊張感があったような気がするんだけど、それらと比べると肩の力を抜いてのんびり読める。どこまでも温かく安らぎのある世界観がいいなあ。

11/18 (Sun)

「Good Morning ティーチャー」9 (重野なおき/バンブーコミックス,竹書房,2007)
三年生に進級したり、アズマの恩師である舞先生が転任してきたりと、結構大きな動きがあったわりには「いつも通り」な感じなのは何故だろう。特に舞先生の登場は終わりに向けての仕掛けなのかと思いきや、今のところ別段深い意味は無いみたいだし。むしろ「この学校にはこんなキャラクターが揃っていますよ」と彼女に向けて紹介する話が多くて、初心に戻ったかのような印象を受けた。まあいつも通りってことは普通に面白いわけなので不満はないんだけどね。

11/16 (Fri)

「機動戦士ガンダムMSV戦記ジョニー・ライデン」(長谷川裕一/KCDXガンダムレジェンドコミックス,講談社,2007)
1年戦争のエースパイロットとして設定されているジョニー・ライデンを主人公にした三部作からなる中編。MSVについてはあまり詳しくないんだけど、従来のイメージとは全然違う方向に人物像を振ってみた作品らしい。パイロットとしての能力が非常に高いにも関わらず、戦争を否定し生きて帰るためだけに戦い続けるという物語は、実に長谷川裕一らしい。何を描いてもきっちり自分の色を出す人だ。

11/15 (Thu)

「ファンブル5」(桝田道也/フレックスコミックス,ソフトバンククリエイティブ,2007)
考え抜かれた、という感のするギャグ漫画。レギュラーの登場人物はいるけれどスターシステム的な扱いで、キャラクター主導で話が進むのではなく、ネタを展開させるためにキャラクターが配置されている感じで、ちょっと珍しい。自分としては下ネタに走った回が下らなすぎて好き。

トップ > まんが日記 > 2007年11月