秋川のまんが日記・2007年9月

9/28 (Fri)

「岳」5 (石塚真一/ビッグコミックス,小学館,2007)
なんか枯れた雰囲気が強くなりつつあるような。しかしこれはこれで味わいが深い。人の生死を扱う作品であるだけに、毎回毎回激しく盛り上げようとしてインパクトが薄れてしまうのを避けているのかな、と思ったりした。
「よつばと!」7 (あずまきよひこ/電撃コミックス,メディアワークス,2007)
よつばが熱を出してしまい、牧場に遊びに行けなくなってぐずる話が印象的だった。普段は漫画的にデフォルメされているのだということを忘れがちだけれど、このぐらいの子供ってこんな感じなんだよね。

9/26 (Wed)

「エマ」9 (森薫/ビームコミックス,エンターブレイン,2007)
8巻から始まった番外編が続く。さすがに本編とのつながりは薄くなってきたかな。もう一冊分くらい続くとか。

9/23 (Sun)

「仮面ライダーSPIRITS」13 (村枝賢一+石ノ森章太郎/マガジンZKC,講談社,2007)
前半はV3の死闘、後半は歴代ライダーの姿を借りた大首領とZXの戦いで盛り上がる。たぶん後半部分って、作者が旧一号を描きたくて思いついた展開なんだろうなあ。思う存分好き勝手をやっている感じで勢いがある。その分ストーリーがあまり進んでいないけど。
「少女ファイト」3 (日本橋ヨヲコ/イブニングKCDX,講談社,2007)
この巻は、ナオと厚子の過去を振り返りつつ、練の過去の鍵を握る隆子が登場、といった感じかな。ちょっと焦点がぼやけ気味だった感もあるが、面白く読ませるのはさすが。

9/22 (Sat)

「カルドセプト」6 (かねこしんや/マガジンZKC,講談社,2007)
一時連載が中断したりして心配したけど、二年ぶりの新刊がようやく登場!クライマックスに向けて怒涛の展開が繰り広げられ、最初から最後まで目が離せない。待った甲斐があった、と思わせてくれる出来。

9/20 (Thu)

「ジャジャ」9 (えのあきら/サンデーGXコミックス,小学館,2007)
おいおい、ミヤギとレナが完全に相思相愛だってこと認識しちゃったよ。にも関わらず二人の仲は全く進展しないというのが、この漫画らしいと言うか安心したと言うかじれったいと言うか。すでに開始から結構長いので、今さら登場人物の関係を大きく動かしたりはしないんだろうなあとは思うんだけどね。
「おとめ恋々」(石田敦子/YKコミックス,少年画報社,2007)
女子の恋愛意識について何故か猫耳の少女たちが討論するという、一風変わった作品。「世の女性代表として話し合ってるんじゃない」という感じを出すために猫耳世界で描くことにしたそうだが、男の読者としてはやっぱり「世の女性はこんな事考えてるのかあ……」とか思ってしまうわけですよ。納得のいかない部分も含めて、なかなか面白い漫画でした。
「土星マンション」2 (岩岡ヒサエ/IKKIコミックス,小学館,2007)
SF的な舞台で人と人の触れ合いを描く作品の第2巻。1巻でちょっとだけ残っていたしこりも解消して一安心。人の優しさと少しの切なさが胸に沁みる。

9/12 (Wed)

「アイシールド21」26 (村田雄介+稲垣理一郎/ジャンプコミックス,集英社,2007)
この巻ではサブタイトル「格闘球技」の通り、セナが腕を使って敵を薙ぎ払いながらの走りをマスターする。これがいかにもアメフトらしい絵になっていて、なかなかカッコいい。26冊も続いて今さらアメフトらしさというのも不思議な話だけど、日本では馴染みの薄いテーマを扱うために少しずつ少しずつプレイの幅を広げてきた結果だと思う。
「うちの大家族」5 (重野なおき/アクションコミックス,双葉社,2007)
今回は父・茂雄に惚れている新キャラが登場。安定して面白いのに、そこにあぐらをかかない攻めの姿勢が素晴らしい。

9/8 (Sat)

「ひまじん」4 (重野なおき/まんがタイムコミックス,芳文社,2007)
帯の文句が秀逸。「どこから読んでも面白い!!!1巻から買うのが面倒な人にオススメ」とはよく言ったもので、重野作品としても、最近の四コマ漫画としても主流となっている、恋愛要素や長いスパンでのストーリー展開を完全に排除している。一本一本のネタのみで勝負する形はハードルも高いのだろうけれど、こういう連載を持っておく事は四コマ漫画家として貴重な財産なのではなかろうか。

9/6 (Thu)

「ONE PIECE」47 (尾田栄一郎/ジャンプコミックス,集英社,2007)
ここでラブーンの話を引っ張り出してくるかあ。7年ぶりくらい?長期連載ならではの引き出しの多さを上手く使うもんだ。

トップ > まんが日記 > 2007年9月